2010年04月30日

【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その82 より その1

52 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/10(土) 12:46:23 ID:sdQwmXiH0
自分もそれまで仕事場や家で
炭酸ジュースを飲むのが癖になってたんだけど
(飲食店で休憩中タダだったから)
願いが上手く行くまで、一切口にしないって決めた事がある。
そしたら、3ヵ月後くらいに思っても見ない方法で叶ったよ。
(偶然、知人がその願いを叶えられる環境に転身してて
たまたま連絡をくれた)


60 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/10(土) 15:31:20 ID:jH3g3DeH0
これの事かな?↓(以下コピペ)

850 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 16:20:41 ID:B7zM1NLoO
すごく長いです。

今から三年前の話。

当時俺は大学一年生だったんだけど、大学に満足できなくて仮面浪人をしていた。
勉強を始めた頃の目標は旧帝大かそれに準ずる大学だったらどこでもいいって感じだったんだが、センター試験まであと一ヵ月ちょいというところで何故かはわからないが無性に東大に行きたくなった。
でもその頃の俺はせいぜい代ゼミのハイレベル記述で偏差値が50後半といったところ。
到底無理な話だった。でもどうしても諦めがつかなくて、何を思ったか実際に東大をこの目で見たいという気持ちになり、電車で駒場まで行った(俺は文系)。
実物で見た東大は鳥肌もので、感激して1号館を携帯で撮り、帰りの電車で何回も見まくった。俺はそれを待ち受けにして自分のモチベーションを上げようと思っていた。
でも何か素っ気無い。そこで写真の中央に赤い字で「〇〇〇〇は一か月の勉強で東大に受かった」(○○○○は自分の名前)と、思い込みの効用を知ってか知らずか何となくこんな文章を入れてみた。


851 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 16:28:40 ID:B7zM1NLoO
赤い文字は非常にインパクトがあり、携帯を開くたびその文章を見ることによって勉強にも熱が入った。
しかし、ちょうどセンター試験まであと20日ほどになった頃、朝起きていつものように携帯のメールチェックをする時、普段なら例の文章を見てやる気が起きるはずが、その日を境に「へ〜すごいなぁ」と、まるで他人事のように文章を読むようになった。
自分の名前が入っているのに、まるで新聞記事の見出しを読んでいる感覚だった。
でも、それが普通のことのようになっていくにつれて勉強の量が恐ろしいことになった一日二日はろくに寝なくても平気になり、腹もたいして減らなくなり、欲という欲がほとんどなくなっていった。そしておかしいことに、途中のほうから「自分」という存在が勉強をしているという感覚が無くなっていった。
「無意識に体が動く」というのは言い過ぎだが、何か得体の知れない義務感のようなものに体がつき動かされるような感じだった。誰かが勝手にやってくれていたという訳ではないが、実際、今でも三年前の12月末から二次試験までのことをほとんど思い出せない 。
センター試験を受けたのは記憶にあるけれど、詳しいことは覚えていない。


852 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 16:46:24 ID:B7zM1NLoO
しかし、毎日携帯を開いてはあの文章を読み、「すごいなぁ」と思っていたということは漠然と覚えている。
まるで、これからそうなると決まりきった出来事に向かって決められた道を決められたように歩いていくような感覚だった。
そして俺は当たり前のように合格した。合格したのを知った時、まったく嬉しいとも何とも思わなかった。笑顔さえこぼれなかった。やはり「おー、すげぇ」と、自分とは関係のないこととして捉えていた。
それからしばらくして母に報告の電話を入れた。

「俺だけど、東大受かったよ〜」
「え!?冗談でしょ!?」
「いや、だって入学手続きの資料届いてるもん」
(母感涙)

そこでしばらく間があって、俺も無言でボケーっとしてたんだが、突然「あれ?おかしいぞ」と思い、手元を見ると東大からの入学手続きの資料が。
そこで我に帰り、大声で「うわあぁぁぁぁぁー(AAry」と叫んだ。あの時の恐怖は今でも忘れない。本当に怖かった。悪い夢から醒めたみたいだった。その瞬間は本当に夢だと思っていた。
俺の叫びによって驚いた母は「どうしたの!?」と言い、それによって俺はこれが夢じゃないことを悟った。


853 :本当にあった怖い名無し:2007/12/11(火) 16:57:52 ID:B7zM1NLoO
その後、あらゆる知り合いという知り合いに驚かれた。「なにかインチキでもやらかしたか〜?」なんて親戚のおっさんに言われたが、逆にこっちが聞きたいくらいだった。
今でもあの二か月ちょっとの出来事の間にいた「俺」は「俺」ではなかったと思っている。

そして、現在進行形の形で、俺は今も例の写真を携帯のデータフォルダに入れている。
機種変更をする時は必ずSDカードに入れて移すようにしている。もし画像を消去するようなことをしてしまったら、今の自分がいなくなってしまいそうでとても怖い。本当に怖い。
まぁこれで俺の話は終わり。読みづらい上に長文でごめん。思い込みっていうよりは断言法の内容に近いけど勘弁してください。



66 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/10(土) 16:00:54 ID:Jp4MuZ8y0
ああ、なんかちょっとわかる。
東大とかすごい話じゃないけど自分も高校受験のときに
倍率高くて自分の成績より数段格上の高校に行くと決めて勉強にスイッチはいったのが1月半ば過ぎ。
そこから毎日朝3時に起きては一人でモクモクと朝まで勉強してから学校に行き、
で合格したんだけど先生も周りも驚いてた。
参考書に書かれてることは読むだけで簡単に頭に入り
問題集はまるで小1の国語のテストみたいだった。
つーかそんなことできるくらいなら中学の成績もっと良かっただろうに・・・。
スイッチ入っちゃうと努力とか辛いとかまったく思わなくて、それが当たり前というか自然だった。
ちなみにそのときのモチベーションは制服が可愛くてそれが着たかったってことw

その高校では、転校で離れ離れになっていた友達と偶然同クラスになって再会し
それから長い年月が経ったけど今でも親友だ。
この子とは深い縁があるようで、縁があるからスイッチが入ったのか
それともスイッチが入ったから縁が深まったのかは知らないが感謝感謝。


69 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/10(土) 16:12:39 ID:0zDmAW77O
>>60
そういや大昔引き寄せを知らない頃、自分の高校受験がそんな感じだった。
難関校で偏差値では無理なとこだったんだけど毎日パンフレット見てワクワクしてた。
勉強はそこそこしてたけど苦痛だとは全く感じてなかった。

試験のとき、「あれ?この問題解いたことある気がする!」って感覚があったのを覚えてる。

で、試験受けたけど不合格通知が送られてきたわけだが全然、まーっっったく落胆はなかった。
「ま、いっか」「第二希望のとこで頑張ろ」ってさわやかな気分だった。
数日後、合格通知が送られてきた。いわゆる補欠合格だった。
だから不合格通知と合格通知両方持ってるw


110 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/11(日) 01:46:47 ID:pTqAgTrt0
こんなのあった
318 名前:ふるぽて 投稿日:2007/10/17(水) 12:31:06
ゆうさん。私も男です。年も年ですから、恋愛もそこそこです。
自分あまり未練をもたなかったのですが、女性が以前(付き合っていた人)潜在意識にはまり
私とのイメージなどをしていたと復縁してから聞きました。
彼女がはじめてから数ヵ月、自分は付き合っていた女性がなんだか嫌になり、
別れて、その潜在意識を信じていた彼女と寄りを戻したいと思いました。そこが今でも凄い。
私もその話を聞いて(結局彼女と別れました)潜在意識に軽く足を踏み入れ、
一度だけ付き合っていた女性と復縁しました。
そして、今年ですが、婚約まで約束した女性と別れました。 今回復縁を願ってます。
ゆうさん、意思が決まったら一緒に頑張りましょ〜
もう復縁して愛し合ってるんですよね(笑)
潜在意識は神です




【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その82
【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その82 より その1
【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その82 より その2
77スレの120さん特設まとめ5 【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その82 より その3