2008年11月16日

呪文考究提唱者さんの詳しい恋愛遍歴9 "【長身】脚長フェチ男の恋愛事情【スレンダー】"から引用

古参の投稿者さん=呪文考究提唱者 ◆JEoaWKUE2oさん


92 :古参の投稿者:2007/04/12(木) 20:25:54 ID:3nG+1/E10
(25)検索サイトでの戦術変更
検索サイトには2種類の女性がいて、ひとつはプロフを晒して沢山の男性
から来るメールを選別するタイプ、もうひとつはプロフをオフにして自ら検索
した男性を一本釣りタイプです。自ら経験した傾向では、女性のレベルは
後者の方が高いと感じました。実際、検索サイト変更後に事例紹介した3人
は、いずれも後者でした。よって、手間をかけて毎週末10人にメールする
より、特徴あるPR文書とプロフを晒して放置する方が効果的と考えました。

生真面目なPR文書とプロフの内容は以下のように一新しました。
長身で脚長、スレンダーな外見がタイプであることをストレートに書いて、
ストレスが癒される母性的やさしさを求めていることを強調、過去に恋愛
経験が豊富であることも付け加えました。
すると、大胆にも身長やスリーサイズを書いてくるメールや、「ジーンズの
裾は切らずに穿けます」というストレートなメールも舞い込み、メール交換
の相手の数こそ減りましたが、確実な出会いが増えていきました。

また、次の事例紹介で学んだ自分の身体的長所をアピールするために
「当りだったかも^^と言われる特徴があります。」という言葉を加えた後は、
目に見えて反応の違いを感じることになります。


95 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:42:10 ID:ZZgJt82D0
(26)事例紹介(清楚な?長身女性)
長いバツイチ生活の中でも最も衝撃的だった女性、J子を紹介できる順番が
いよいよ巡ってきました。

【第一印象】
J子は都心の某貿易会社に勤務するOL。英語と中国語に堪能で留学経験
もあるそうです。華やかな顔ではありませんが、顔の各パーツが上品に配置
されたやさしそうな顔です。身長は170cmで、体重は秘密。普通体型よりは
細身であるとは想像できますが、会った時点では体型の目立たない清楚な
服装で、エッチな想像には至りにくい雰囲気です。

【初デート】
初デートのプランは映画〜食事〜夜景と至ってシンプル。清楚なイメージが
先行したので、手を繋いだのは映画館の出入りの際に一瞬だけ、食事中も
シモネタを感じさせない会話を心がけ、東京タワーを見上げるという今回の
夜景ポイントでは軽いキスのみ。脚の長さの測定チャンスは一回、タワーを
見上げる彼女を背後から支え、軽く下半身を重ねたのみで、さりげなく慎重に・・・・。


96 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:44:04 ID:EDzWgKow0
【自宅まで送るだけのつもりが・・・】
J子の自宅は、都心の中でも大使館なども多い住宅街に隣接する通り沿いの
マンションでした。私は再会を告げ帰宅しようとすると「コーヒー、飲んでいきま
せん?」とTVドラマのような展開。「(清楚な女性だから、コーヒーだけ・・・)」と
自分に言い聞かせ、約10分のインターバルの後、オートロックを通過して彼女
の部屋に・・・

【コーヒー一杯のはずが・・・】
出されたコーヒーは私の分一杯のみで、J子は私の座るソファーからは死角に。
着替えるような音がしたので、振り向かずに私はコーヒーを飲み終えました。
「ごちそうさま。そろそろ帰るかな・・・」「これでも帰るの?」と現れたのは全裸の
J子・・・まるで妄想が現実化したようなシーン展開です。次の瞬間、性感のツボ
を何ヶ所か刺激されると、金縛りのように私は身動きがとれなくなりました。


97 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:44:55 ID:EDzWgKow0
【野獣と化したJ子】
J子は、清楚な昼の顔は見る影もなく野獣と化して、むさぼるように下半身は
あらわにされた私の男性器は、完全にJ子の支配下にあることに驚きました。
私の男性器は、J子の口内で予測不能な舌の動きに限界点まで膨張を続けて、
騎乗位の姿勢でJ子の膣内に吸い込まれていきました。初めての経験ですが、
快楽の宇宙といいますか、イクまでの過程に別世界を見せていただきました。

【「当たりだったかもしれない。」】
J子は、放心状態の私に「当たりだったかもしれない。」と微笑むと昼の清楚な
顔に戻りました。J子は私の体を離れると私を見ながら部屋を歩き回り、私は
その姿に改めて魅了されました。J子は「私の体、スリムでしょ?体重55kgと
言うとデブに思われるから、体を見せるまで体重は秘密なの」と。J子の体は
もちろんですが、膣内構造、テクニックも「最高」でした。清楚と野獣との二重
キャラにも新たなフェティシズムを感じました。


98 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:47:00 ID:07Vrc30D0
【清楚と野獣のループ】
部屋を歩き回るJ子の姿を見て、私の男性器は再び次の快楽の宇宙へ飛び
立つ準備が整い、再びJ子の支配下になりました。J子は自らの手で挿入した
私の男性器の回復力と持続力に満足した様子で、未開発な性感帯を確認して
いく過程は、まるでエイリアンの人体実験の様相です。私はJ子に支配される
ことに喜びさえ感じながら、2ラウンド目が過激に終了すると眠りにつきました。

翌朝目覚めると「コンコンコン」と、まな板の音が聞こえます。これもTVドラマ
や妄想のような展開で、全裸にエプロン姿のJ子が、朝食を用意しています。
朝食が済むと着替えが用意されました。元彼の衣類なのか、フリーサイズの
部屋着なのかは定かではありませんが、室内には私の衣類等は見当たらず、
無理をしない限り、帰してもらえない・・・ソフトな監禁であると悟りました。

服を着ていたのも束の間、すぐに脱がされ全裸のコミュニケーションが始まり
ボルテージが高まると、歓迎すべき逆レイプとでも言うべきか、J子の性的な
支配が始まる・・・清楚と野獣のループの始まりです。

【走行中の車の中で・・・】
初デートは土日でしたが、翌週は金曜日の夜、J子の勤務先近くまで迎えに
行った車の中で始まりました。走り出すなりJ子の手は私の太ももからズボン
のチャックに伸び、男性器は膨張して露出しました。J子は男性器をにぎり、
「ねえ、あれからオナニーした?」「したよ。もちろんJ子をネタにね」「オナニー
するくらいなら、なんでSEXしに来てくれなかったの?今週も帰さないから」と
少々拗ねた様子です。


99 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:47:57 ID:07Vrc30D0
【無限のループ?】
J子のマンションに着くとシャワーに入るよう勧められ、浴室を出るとスーツ
と鞄はどこかに隠され、先週の着替えが用意されていました。夕食の外出
は許されても、カジュアルな服に黒い革靴ではお洒落な町は歩けません。
結局、深夜に一度ラーメンを食べに出た以外は、J子の部屋で過ごしました。
今回の週末は時を忘れてJ子の支配に身を委ねました。

J子と私は、2RのSEX〜4時間程度の仮眠〜コンビニの軽食〜2RのSEX
というループを延々繰り返して日曜日の9時に至りました。私はSEXに疲れ
翌日の仕事が頭をよぎりました。私が帰宅を告げるとJ子は突然号泣し始め
「お願い。もう一度、今度は乱暴にレイプのように犯して!」と私の下半身に
ものすごい力でしがみつきました。

私は「本当にするよ。」というと、J子を強引にベッドに押し倒して、服を乱暴に
脱がすと生まれて初めてのレイプを経験しました。もちろん本人に頼まれて
のことですが、正直言って興奮しました。反面、快楽を追求するあまり、大切
な恋愛が置き去りになっていたことに気づき愕然としました。私は次の週末、
外食や買い物などで過ごすことを提案しました。


100 :古参の投稿者:2007/04/15(日) 01:49:40 ID:MDCSGQZj0
【恋人の条件と「自分らしさ」】
3週目、トラブルはファッションビルで起きました。「自分らしさ」を大切にする
上で重要な部分にJ子が干渉し始めたのです。実はファッション嗜好に関する
マニアックでデリケートな趣味の違いで、例えて言うなら「東京の東京らしさ」
に関する感性の違いでした。

成人して地方から東京に上京して都心に住み着いた人と、東京に生まれ
育った人間でハイティーンになってはじめて都心を肌で感じた人との感性の
微妙な違いで、後者である私が微妙に受け入れできない一線を越えること
をJ子に強いられたのです。

過去に頂いたレスに「傷つきやすい」と、プロファイリングされましたが、
正に傷つきやすさが招いた溝によって、この出会いは終焉に向かいます。
J子のSEXでの支配欲は既に了解済みのことですが、J子の支配欲は、
恋人の趣味やライフスタイルに至るもので、私には受入れ難いものでした。


101 :古参の投稿者:2007/04/17(火) 22:28:21 ID:MmGeGTZx0
(27)事例紹介(ブティック店長)
沢山の出会いを積み重ねていると実に多様な女性と出会うもので、今回
紹介するのは前述のJ子と対極的な男性観を持つ女性(仮名)K子です。

【「私でいいの?」】
K子との初デートは、初メールが届いた翌日か翌々日だったと思います。
K子の自宅が、仕事で時々通る道沿いで、自宅近くで車に乗せました。
走り出してからの第一声は「私でいいの?」でした。「タイプだけど?」と
答えると「当たりだったかも・・・がSEXを意味するなら私も満たされたい
と思ったの」大胆にも、質問はSEXの対象になるかを意図していました。

【K子の事情】
K子はかつてOLで、某高級ブランドの商品への憧れから、同社に転職、
最年少で直営店店長に上り詰めたやり手です。外見は前出のJ子似で、
J子よりひと回り細い印象です。勤務先の商品をカッコよく着こなすK子
には脱がす楽しみがあります。既婚者と聞かされ、初めての経験で驚き
ましたが、ご主人がAVマニアで手コキ中毒、SEXレスも長いそうです。


102 :古参の投稿者:2007/04/17(火) 22:29:30 ID:MmGeGTZx0
【K子の被支配欲】
「すぐでもいいの・・・」という彼女の期待を裏切り、「まずは食事でも?」
と間を置きました。「何が食べたい?」と聞くと、「全部、あなたが決めて。
私は従うだけでいいの」と。メニューを見ても「あなたが食べたいもの・・」
私に合わせてくれているだけと思いましたが、「ホテルに行かない?」と
誘うと「『行かない?』じゃなく『行くぞ』でいい。私に選択権はないの」と。

ラブホに行く途上、K子に言われコンビニに立寄ると「いつも何を飲んで
る?」と聞かれ、いつもの清涼飲料と缶コーヒーを手に取ると、会計は
K子が済ませました。驚いたことに買い物の中には私の吸うタバコ2箱
が含まれていました。ラブホでも私が財布を取出す間もなく、K子が前金
を払ってくれて、以後ラブホ代はほとんどK子が払うようになりました。
私はK子に不思議な被支配欲を感じました。


103 :古参の投稿者:2007/04/17(火) 22:31:19 ID:n4iv49h20
【SEXの相性】
「私の脚、好きなんでしょ?気持ち良くしてあげる。」K子の長い脚は私の
脚に絡みつき、挟むように撫で付けられ、やがて内腿で男性器を執拗に
刺激を受け夢心地でした。既に風呂の準備は出来ていますが「シャワー
抜きで、このままシテいい?」と尋ねると、「私はあなたに従うだけ」とだけ
答え、むさぼりつくようにお互いの服を脱がしていきました。

K子の体に興奮しきった私に、K子は「すぐに入れたいでしょ?大丈夫よ」
私が膣に男性器を挿入すると、互いの動きを先読みするように相性良く体
をひねり、私たちは快楽に浸りました。特にバックではドルフィンキックの腰
の上下動にも似た、しなやかなK子の動きが視覚的にも触覚的にも楽しま
せてくれました。1RはK子が先にイッて、私は温存しました。


104 :古参の投稿者:2007/04/17(火) 22:32:08 ID:n4iv49h20
【当たりだったかも・・】
「当たりだったわ^^2R目はすぐでなくてもいいよ。あなたがイクまで延長に
なっても付き合うから・・・^^」K子は、私の男性器を玩びながら口に含むと、
悪戯っぽい顔で飴のように舐め、騎乗位の姿勢で膣の中に挿入しました。
K子は、約5秒おきに腰をひねっては体制を変え、男性器を締めては静止
して「気持ちいい?」と確かめました。どの体制も気持ちが良くて、私の方も
「当たりだったかも」と思いました。この日の2R目のSEXは、静寂の中で
終盤を迎え、最後は激しく突き上げて射精に至りました。

【K子との関係】
K子は、シフトをやり繰りしながら、1ヶ月程度は毎週末デートが出来ました。
妙に隷属的な態度と母性的なやさしさは魅力的で、日常のストレスを忘れ
させてくれましたが、K子には離婚の意思はなく、結婚を前提とすれば残念
ながら対象外でした。私はK子からの申出で、新たな恋愛相手を探すこと
になりましたが、恋愛の合間にはSEXの関係がしばらく続くことになります。


107 :古参の投稿者:2007/04/19(木) 01:57:40 ID:vLHpb5Ro0
(28)事例紹介(ハードルの多い派遣社員)
今回ご紹介するのは、自称オジサマキラーの派遣社員(仮名)L子です。

【L子の私への先入観】
L子はPC関連企業に勤務する派遣社員です。L子の周囲にいる同世代は、
「どうせ派遣だし・・」と割り切るが如く、遊び目的で口説いてくる男性ばかり
で嫌気が差していたそうです。反面、妻子あるオジサマ管理職は仮に下心
があっても口説き下手で、ある意味、素朴で安心できる存在なのだそうです。
L子は私のプロフを見て、年齢や「離婚して7年が経過してまだ独身」という
記述から、オジサマ管理職のイメージをオーバーラップさせて私をイメージ
したらしく、その先入観のままにメール交換が始まりました。

【私からの先入観の打消】
私は恋愛下手をイメージされるのも悔しい気がして、この板の事例紹介の
様な過去の恋愛経験を書きました。K子の先入観は堅固で、なかなか私の
経験を信じません。そこで「一夜の出来事を含めれば、出会った女性は50
人以上、キスまで至った女性は40人以上、SEXに至ったのは30人以上」
と具体的に書くと、「どうすればそんな女性達と出会えるのか、より具体的に
書いてくれないと余計信じない!」というので、これまでの様々な「免疫」と
「経験」から自ら法則化してきたことを事細かに書きました。


108 :古参の投稿者:2007/04/19(木) 01:59:54 ID:ES6Lb+X60
【禁欲の初デート?】
交換したメール数は過去最も多く、L子は、怒りの爆発や好奇心が交錯して
混乱しているようです。極め付けは「何で私と会いたいって言わないの?!」
でした。私は「会いたいなら会ってもいいよ」と返信すると、「指一本触れさせ
ないから!」と返事が来ました。どうやら好奇心の方が勝ったようです。私は
西麻布の創作料理のレストランにL子を連れて行きました。スタッフの女性の
一部は顔馴染みで、そのやり取りにもL子は腹を立てていました。

私は、「指一本触れられないなら、これからの時間どうしていようかな・・・」と
趣味の超専門的な話を熱心に続けると、「もう普通の話をしてもいいよ^^」と
態度を軟化させました。まずはハードルを一つクリアです。「思ったよりも・・・
いい奴だよ、あんた」と言われ、ようやくいつものペースに戻り、会話が続き
ました。私は「なんで意地を張ってるの?」と尋ねると「軽く見られたくない・・」
と。「もったいないなぁ。そこそこ美人だし、スタイルは抜群。オジサマ族には
やさしいんじゃない?もっと騙され上手にならないと・・・せっかくのチャンスを
逃すタイプだね」と私が言うと、しばらくの沈黙の後、L子の手が私の前に差し
出されました。二つ目のハードルをクリアです。


109 :古参の投稿者:2007/04/19(木) 02:00:46 ID:ES6Lb+X60
【禁欲デートのはずが・・・】
私は既にマニュアル化された自分流のデートの流れと法則の応用編を試す
ことにしました。私は、近くの穴場的な夜景ポイントにL子を連れ出しました。
既にL子には火がつき始めたので、手をつないだまま放置しました。「ねぇ・・
こんな場所に連れ出して何もしないの?」というので「許可がないからね」と、
とぼけると「胸板厚そうね、ハグしてもいいわよ」・・「了解。」・・「キスをしても
いいわよ」・・「了解。」・・「首筋や耳も・・」・・「了解。」・・「胸も触っていいわよ」
・・「了解。」・・「そうでなく、ブラに手を入れて直に」・・「了解。」 ・・ハードルは
残り僅かです。

そしてついに「下もいいのよ」・・「了解。」・・私はL子のパンツの上から、一点
狙いでクリトリスを摘むことに成功しました。L子はピーンと体を硬直させた後、
骨が抜けたようにしゃがみこみ「上手・・上手・・」と私にしがみ付くように立ち
上がると、今度はL子からキスの嵐です。目には涙を浮かべ「今すぐ・・ここで
シテ。お願い」というと私の手を引き木陰に・・・。そして素早く下半身をさらけ
出すと、「ここで入れて」と涙ぐみます。私は立ちバックを試みましたが、腰の
位置が高すぎて届きません。私は地面に引きずり倒され無理やり挿入を迫ら
れました。


110 :古参の投稿者:2007/04/19(木) 02:02:32 ID:a16AMZ8Z0
【L子のプライド】
意外にも地面は泥濘でした。私は「(車だからいいや・・)」と判断、泥の上で
L子の膣に男性器を挿入しました。L子は「上手・・上手・・」といいながらも、
「やっぱり・・・ホテルでじっくりあなたを味わいたい」といい、私達は都内の
某ラブホに入りました。L子は先ほど同様、下半身だけをすばやく脱ぎ捨て、
私の手を引きベッドに倒れこみました。明るい部屋で見るL子の脚はとても
魅力的で私はすぐに挿入。1Rは騒然とした中、私は温存しつつL子は昇天。
L子を全裸にした後の2Rは、じっくりとお互い昇天できました。

L子は「メールしてた頃の先入観や反論に対する怒りは、今は嘘のように
ないわ。あなたの言う過去の経験についてもすべて納得できた・・・。」と言い、
さらに「『騙され上手』を意識するうち、理性もプライドも恥ずかしいほど消し
去られた・・・ホント悔しい。」と最後に言残しました。L子は、よほどプライド
が傷ついたのか、後に、二度目はないことがメールで告げられました。

【呪文考究提唱者さんの恋愛遍歴の最新記事】